ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

長女と次男(放課後デイ)その3

一時期行き渋りがあったムスメでしたが、一つ年上の男の子が入ってから
放課後デイが楽しくなったようです。
ムスメは彼のコトを『師匠』と呼んでいて、とても慕っている様子。
ムスメにつられて次男も師匠君と呼んでいます(笑)
自分より何かについて詳しく知っている人を、ムスメはすぐに師匠と呼びます。
彼はムスメいわく、『恋愛ベテラン師匠』だそう。。
一つ上だから中2だけれども、、ベテランかぁ。。
そんな彼にムスメは例のワイルド従兄弟の話をしたそう。
ベテラン師匠君がムスメに伝えた言葉。。


「紅は赤がいい。」
……。
わたし的には、全く意味が分からないんだけど。
ムスメはしきりに感心していました。。


「なに言ってんだかサッパリわかんないんだけどさ。
 師匠の言葉は重みがあるよね。
 そうか!ありがとうございますって拝んどいたよ。
 これからも相談しようって思った。」
……。
何言ってるのか分かんないのに相談するのかぁ。。
師匠のお母さんによると、師匠もADHDだそう。。
二人にしか分からない、何か通じるものがあるのかもしれないなぁ~。
親はわかんないんだけども(笑)