ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

いよいよ

本日14時に、入院してきます。
今朝は長男に、「手術頑張って」とハグをされました☆
アンタこそ補習頑張れよ!と一言小言を言ったら、軽くスルーされました。
次男は寂しいらしく、いつも以上に甘ったれです。
でも、トンチンカンなムスメがどうやら一番気に掛けているようです。


「母ちゃんが手術がイヤなら、お医者さんに話をつけてこようか?」
……。
アンタ一体全体なにを言うつもりかね…。
大丈夫だよ。
もう、決まったことだし、平気だよ。


「分かった。じゃぁ、一思いにバッサリいって下さい!
 とだけお医者さんに伝えておくね。
 母ちゃんって案外潔いね。」
……。
なんで腹腔鏡手術なのに、開腹手術に切り替えようとするんだ(笑)
極端にも程があるだろう(笑)


そんなムスメが『お守り』として一枚の写真を貸してくれました。
声優さんの写真だそうです。
だれだかよく分からないんだけど。。
因みに、この人の写真が何に効くのか一応ムスメに聞いてみたら、


「そこまで考えていなかったから、分からないけど。
 美味しいご飯が食べれますようにって感じでどう?」
……。
そこは、手術が無事終わりますように!じゃないか?
知らない人の写真を見ながら、美味しいご飯が食べれますようにって
願うのはどうかと思うけど。。


「まぁ、なんだって良いよ。
 母ちゃんが元気になれば、心配ナッシング!
 写真そろそろ返してね。」


一瞬だけ貸してくれた、よく分からない人の写真。。
トンチンカンではあるけれど、ムスメの心配する気持ちは
な~んとなく伝わってきました(笑)


では、いっちょ頑張ってきます!





 


違う家に住む家族のこと(はは)その2

明日から、わたくしは手術前日ということで、入院になります。
腹腔鏡手術になるので、傷口も目立たないらしいです。
まぁ、ひとさまにお腹をお見せする機会もそうそうないので、
多少目立っても構わないっちゃぁ、構わないんですが。。
とは言っても女子ですから、有難いって思っておきます♪


入院は5泊6日の予定ですが、姑は認知症のため無理なので、
わたしの母に家事や子供の世話をお願いしています。
母は、手術前のわたしより、ナーバスになっています。。


「孫の面倒をみる自信なし。
 イッコも分からないし、分かりたくもない。」
と、念仏を唱えるが如くぼやいています。


父をショートステイに預けるので、いつもより楽な気持ちでいけそうな気がしますが、
日常のリズムが変わると、昔っから母は大抵うろたえますね。


入院中のわたしは何も出来ないので、今のうちに
昔流行った大泉逸郎さんの「孫」を母の前で小さな声で、口ずさんでおこうと思います。


「なんでこんなに可愛いのかよ~孫という名の宝もの~」


名曲です。
母には、このフレーズを心にしっかりと刻んでもらい、自信を持って
孫の面倒をみて頂きたいものです。。
ついでに家事にも精を出して頂けたら幸いでございます。
頑張れ母!!




長女のこと(日常)その20

初登校をしたムスメ。
久しぶりのお友達との絡みが楽しかったそうで、なによりです。
午前中で学校はおしまいだったので、ムスメと家で昼食を食べました。
わたしより先に食べ終わったムスメから、相談があると言われました。
真剣な面持ちの何も話さないムスメを見て、
こりゃぁ何かあったな…と珍しく母の感が働きました。


「どうした?言ってごらん。」
と、優しく問いかけても言いにくそうな顔をするムスメ。。


「チョット、母ちゃんには言いづらいんだけど、
 聞いてもらっていいかな。」
顔を若干赤くしているムスメにピンときた!
……。
なんだよぅ!!
もしかして、恋とかの話か!?
良いから言ってごらんなさいよ!


「では、今から言います!」と、決心したムスメ。
待っていました!!
はい!どうぞ♪



「カァ~
  カァ~  
     ンガァっっ~」
……。
はい?


「これは、わたしの好きな声優さんの声真似なの。
 カラスが威嚇しているトコロなんだけど似てない?」
……。
「最後のンガァっっ~を溜めて言うところがポイントかな。
 母ちゃんの前で、特訓の成果が発揮できました。
 やっと最近出せるようになったんだよ!
 わたし、凄くない!?」
……。
その後も、ンガァっっ~と言うムスメを諭した。
「どうやら、母ちゃんが聞きたい系の話ではなかったね。
 とりあえず、母ちゃん食事中だからさ。
 カラスの声が聞こえると落ち着いて食べられないかな。
 アンタの好きな声優さんに似てるかはわからないけど、
 カラスに威嚇されている感じはしたよ…。」


「おぉ!!
 母ちゃん、グッジョブ!
 食事中の、カラスのBGMが好きじゃないなら、ニワトリのバージョンもあるよ。
 いつでも聞かせてあげるから言ってね!」
……。
 ……。
   いらぬ。。


とりあえず、今回分かったことは、
        母の感は当てにならないということ。。


そしてニワトリのバージョンは、どうせなら食事中ではなく、
目覚まし代わりにお願いしましょうかね。。