ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

夫の周りの人々 その1

夫の周りには、一風変わった人が実に多い。
彼の実家は、オール『ほにゃららカガク』の熱心な信者さんなので、
なんだか浮世離れしていて、仙人気質です。
テレビもほぼ観ないので、話題に困ることもしばしば…。
ブルゾンちえみの『35億!!』のネタも知らなくて、なにそれ?と
聞かれた為、長男が解説していましたが、真顔でへ~っと聞いている叔父達に、
長男は、こんなに真面目に35億について語ったのは初めてだと話していました(笑)


夫の幼馴染も熱心な信者さんで、そのお嫁さんも信者さん。
出会いは宗教の支部らしいので、ホンマモンのガチの信者さん。
年々気合が入ってくる幼馴染にちょっとついていけてない夫。
相談がある!と本日呼び出され半年ぶりに晩御飯を食べるそう。
とりあえず、借金の保証人と修行の参加のお誘いなら、お金の余裕もないので
お断りするようにと伝えました。
分かってるって夫は言っていたけれど、相談ってなんだろう。。
浮世離れしている方なので、気になりますな。





違う家に住む家族のこと(ちち)その4

自宅からわたしの実家は、歩いて15分くらいの距離にあります。
日中は忙しくてなかなか寄れませんが、夕方に母と父と買い物に行くのが
わたしの日課になっています。
特に買い物がなくても、お付き合いするようにしています。
ストレス溜まり気味の母の話し相手と、すぐにどこかに行きそうになる父を
それとなく監視、サポートしながら、母の買い物を手伝う感じです。
毎日会っているからか、父はわたしの名前を結構な確率で思い出すようで、
夕方になると、わたしを誘ってそろそろ買い物に行かないか?となるそうです。
父の死を意識する出来事があったからでしょうか。
夕方の少しの時間ですが、なんとなく『3人の子供の母親』から
『父と母のムスメに戻った』気がして
少し気恥かしい様な、懐かしい様な感覚になります。
父が生きてたから持てた時間。
           ありがたい。




長女のこと(中学生活)その13

期末テストも終わり、ご機嫌が良いムスメ。
こちらとしても有難いかぎりです。
ムスメの学校では、学校で漢検や英検が受けれます。
わざわざ会場まで連れて行くのは面倒なので、素敵なシステム♪助かります。
特性のある子は、漢字が苦手な子も多いし、知らない場所で
漢字のテストなんて、拷問に近いと感じる子もいるだろうから
学校側の配慮に感謝です。
ムスメもご多分にもれず漢字が苦手。。
丸付けなんかも実にテキトー。
なので、わたしの出番です。
一日に数回に分けて少しずつ取り組みます。
多少間違っていても大目にみます。
注意をすると気がそがれてしまうから。。
間違った字はあとで様子をみながら訂正しますが、本当によく間違えます(笑)
ムスメとの漢字の勉強は『忍耐』あるのみ。
これに英検が加わってくるので『忍耐力』をわたしが養うしかないですね。
でもまぁ、漢字の勉強を一緒にするなんてあと数年で終わっちゃうだろうし、
楽しもうと思います。
因みに競馬場を『馬場場』と書いていました。
長男に「それじゃ、バババみたいだろ?」とツッコまれていました。。
確かに(笑)
ボチボチ頑張りましょうかね。