ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

キムコ先輩のはなし その4

わたしがキムコ先輩と初めてお会いしたのは、夫と結婚して一年が過ぎた頃でした。
舅さんが、ガンで亡くなった後の、葬儀の後だったと思います。
みんなで夫の実家に戻ったら、キムコ先輩が家にいました。
息子くんも連れてきていました。


みんなビックリしていました。
久しぶりの対面!とかに驚いたわけではありません。
何故、勝手に上がっているんだよ!ってことにです。
鍵を掛けないお家なので、入れてしまうんですけど。
3年振りなのに、勝手に家に上がる勇気を持ち合わせている、
キムコ先輩はやっぱりスゴイです。


夫の姉は、一緒の空間に居たくないという雰囲気を全力で醸し出していました。
「甥っ子は可愛いけど、キムコさんには家の敷居を跨いでほしくないわ!」
と、後で言っていました。
敷居を跨ぐどころか、キムコ先輩スッカリくつろいじゃってましたしね。


お姉さんの殺気を感じたのか、キムコ先輩も多少気まずそうなご様子。
そりゃぁ、色々やらかしちゃってるから仕方ないですね。


みんなキムコ先輩とお話はしたくない様で、わたしの長男の面倒をみると
一人消え、息子君の面倒をみるわと二人消え、気が付くとわたしとキムコ先輩
しか残っていませんでした。
……。
おいおい。
そりゃぁ、ないだろう。
この状態をどうすりゃいいのさ。


慌てふためいているわたしをよそに、キムコ先輩が口を開きました。
「キムコっす。
 元嫁っす。
 お義姉さんよろしく!」
……。
お義姉さん!!
離婚したと聞いたけど、わたしお義姉さんになるんですか!
知らなかった。。
(お義姉さんでも何でもないことは後で知りました。)


キムコ先輩に人見知りって言葉はない様で、ゲラゲラ笑いながら話します。
気さくで良いと思うんだけど、今日は小声で話そうか。
お義父さんのコトでみんな疲れているしねと話しました。


キムコ先輩も分かってくれたようで、小声で話しだしました。
「実は、折り入ってお義姉さんに相談があるんですよ。」と。
……。
いやだ。。
聞きたくない。。
お金ならないよ。
子供が生まれたばかりだし。。


そんなわたしの表情を読み取ったのか、キムコ先輩がいいました。
「いや、借金とかの相談じゃないですよ(笑)
 ウケる~!!
 そんな湿っぽい話じゃないですよ。
 この家のみなさんに、わたしと元旦那がここに住んでもいいか、
 お義姉さんに聞いてもらいたいんですよ。」
…。
はい?
待って!弟くんとやり直すってこと?
弟くんはその気があるの?


「いやぁ。
 元旦那の気持ちは知らないです。
 まぁ、再婚?
 そうなるかなぁって思っています。」
……。
ちょっと待ってくれ。
弟くんの気持ちも知らないのに、わたしがキムコさん達ここに住んでもいい?
ってみんなに聞くのは、明らかにオカシイでしょう。
それに弟くん、別れて良かった♪ってつい最近も喜んでいたし。。
聞くまでもないんじゃないかな。。


わたしが困り果てた顔をしていたら、キムコ先輩が言いました。
「まぁ、アレですかね。
 とりあえず元旦那に聞いてからの方が良いかも知れないっすね。」
……。
そうだよ!!
それが一番だよ!
役に立てなくて、なんだかごめんね!!
とガンガン謝って、オカシなことをみんなの前で言う役はなくなりました。


「お義姉さん、でも結婚式には来て下さいね。
 てんとう虫のサンバとかデュエットしちゃいましょうよ。
 嫁シスターズってコトで!!」
……。
シスターズ。。


あれから10年以上経ちましたが、とりあえずキムコ先輩と嫁シスターズは
結成しておりません。


次回、「キムコ先輩それはない!!」ってお話。


 





 



キムコ先輩のはなし その3

キムコ先輩と暮らすようになってから、夫の実家である事件がおきました。
同居している家族の財布から、お金が盗まれていることが何度もあったそう。
日頃から羽振りが良く遊びまくっている彼女だろうと、
みんなが思いました。
……。
こりゃぁ、キムコさんに違いないと。。


キムコさんに聞いても、「知らねえ」の一点張り。
これじゃぁ、埒が明かないということで、キムコさんに内緒で
隠しカメラを設置したそうです。


案の定、キムコ先輩がカメラに映りこんでいたそう。
後ろ姿でいくら盗んだか分からないけれど、確信犯です。


映像を確認した、夫と姑と弟でキムコさんに説教したそう。
そりゃそうだ。
ぬすっ人はいけません。


しかし、キムコ先輩は全然反省していなかったそうです。
そして、異次元のお話をされました。
「お兄さんの財布のお金を抜き取って、旦那の財布に移動しただけ。
 そのお金を旦那から貰ってたんだから、泥棒じゃないし!」
……。
ビックリです。
キムコ先輩の思考は、一般市民には到底理解出来ません。
弟くんの財布からお金が減ると、弟くんがあまりお金をくれなくなるから、
夫の財布から弟くんの財布にお金を移動させていたそうです。。


「だから、わたしは盗んだりとかしてないです。
 結果的に旦那の財布に入ってるんだから、わたしに文句とか
 マジで信じられない。」とキムコ先輩に逆ギレされたそうです。
 ……。
何を言っても訳の分からない反論しかしなかったので、
あの時期は凄く疲れたと夫は話していました。


そんなキムコ先輩と弟くんがお別れする日がやってきました。
息子くんが一歳前だった頃だそう。
想定内だけども、早いわっ!!
原因は、先輩の「よその殿方への恋ゴコロ」
だろうなって感じでした(笑)
みんなの心配を無視して、息子くんはキムコ先輩が引き取りました。
……。
大丈夫かね。。


次回、初めてキムコ先輩にお会いした時のお話です。









キムコ先輩のはなし その2

キムコ夫婦は若さゆえ、お金はございませんでした。
だって、先輩17歳ですもんね。。
そりゃ、お金なんて持っていないだろうな。
ですが、初孫ということもあり、夫の実家は大喜び。
めでたく一緒に暮らすことになりました。


最初は、ふてぶてしい感じだったキムコ先輩。
一緒に暮らすことになってから、更にふてぶてしさに磨きがかかったそうです。


姑が家事を教えようとすると、
「そういうの全く興味ないんで!教えてくれなくてイイっすよ。
 お母さんファイト!って感じで。」と言われたそう。


せめてご飯くらい作れないと!と姑が言うと、
「ポテチがあれば生きていけるんで大丈夫っす。
 ピザポテトとコーラがあれば、ご馳走なんで。」と先輩はおっしゃった。。


さすがキムコ先輩。
NGワードを連発していらっしゃる。。


世のお姑さんなら、イライラMAXになっていたかもしれませんが、
うちの姑さんも、「なかなかの方」なので、発言が違います。


「キムコさんはお腹に子供がいるのに、ポテトチップスしか要らないって
 言うから、困ってしまってね。。
 せめてもと思って、毎回違う味のポテトチップを買ってきてあげたの。
 色んな味から十分な栄養が取れたと思うのよ。
 それが功を奏したのか、元気な男の子が生まれたのよ。」と。
……。
功を奏したのか?


出産を無事に終えたキムコ先輩。
ムクムクと母性が湧いてきたわけではなく、遊びたい気持ちが湧いてきたそう。
乳飲み子を姑に預け、お出かけ三昧。
不思議なことに誰もキレませんでした。


その当時、わたしの夫も一緒に暮らしていたそう。
よく怒らなかったねぇと言ったら。
「キムコさんには何を言っても無駄だからね。
 弟の嫁だし、オレ知らねえって思ってた。」
……。
まぁ、確かに。キムコ先輩は言うだけ無駄な感じがするね。。


「そうそう。無駄なんだよ。
 弟が見かねて、子供の面倒をみたら?って言ったら、
 キムコさんがイヤだね!って言ってさ。
 2週間位帰って来なかったんだよ。」


…2週間!?
それはスゴイね。。


「で。久しぶりに戻ってきて、悪びれた様子もなく、自分の子供の顔を見てさ。
 『わたし遊んでても平気じゃん!
  親がなくとも子が育つって占い、マジ当たってるわ!』
 ってポテチ食いながら言ったんだよ。」


…占い?
これはもう『レジェンド』の域に達している思考ではないだろうか。。
プラス思考とかマイナス思考とかではなく、異次元の思考。
わたしは、キムコ先輩を一つもマネ出来そうにない。
同じ嫁経験者として、なんて歯がゆいのだろう。。
自分は平凡な嫁なんだと、改めて思い知らされました。


次回も同居編。