ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

長女のこと(中学生活)その23

ムスメの学校の文化祭が週末にありました。
ムスメは行事がすこぶる苦手です。
日常のリズムが狂うので、アワワワって感じになるみたいです。
今回もご多分に漏れず、1週間前からパニックになっていました。


「今週は、いつもと同じ授業じゃないんだってさ。
 文化祭の準備するんだってさ。
 わたしはボーっとしてたら良いって話?」
……。
ボーっとしてたらダメだろう。。
なんか手伝いとかするんじゃないの?
文化祭なんだからさ。


「そうだった。
 わたし、催し物の手伝いするんだった。
 どうしよう。わたし何したら良いんだろう。」
……。
えっ?
母ちゃんは、知らんがな。。
先輩とか、先生に聞いてみたらどう?
わたし何をしたらよいですか~って。。


「そうだね。
 聞いてみる。それが1番だね。
 でも考えてみたら、わたしの仕事は何か、メモに書いてきたんだ。
 ただ、何て書いてあるか読めないの。
 気のせい?」
……。
そりゃぁ、アンタが字を丁寧に書かないからだろうさ。
気のせい?って聞かれたら
「気のせいではありませんね」としか、こっちは答えようがないよ。
……。
「そうか。
 その通りだね。
 じゃぁ、とりあえず字を丁寧に書く練習をしてくる。」


こうして彼女は、2階に字の練習をしに行かれました。
そうして30分後くらいに、彼女は気が付きます。


「さっきの話なんだけど、
 今更さ、字の練習をしても意味がない気がするんだよ。
 気のせい?」


……。
あえて言おうじゃないか。
ムスメよ。
君が言う「気のせい?」は、十中八九、毎回気のせいではないよ。
とりあえず、、君がメモに書いた字の分析を始めようか。
そして、君の仕事は何か思い出そう。

……。
毎回こんな感じで過ごしています。。


     文化祭無事に終わって良かった。。