ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

入院中のできごと その3

前回、術後に辛かったことは、わたしの場合「咳」でした。
なので、今回手術をするにあたり、かなり下準備をしました。
前回の術後に懲り、今回は手術2週間前に耳鼻科に行き、
気道を開きやすくするお薬を頂いて、毎日飲んでおきました。
やたらと、喉やら鼻やらを労わりつつ、手術までの日々を過ごしていました。
お正月にお酒も、チョットしか飲まず「我慢の子」をしました。
お酒を我慢すると、麻酔が効きやすくなるそうです。
病室には、「加湿器、濡れマスク、のど飴、ノドヌールスプレー」を持参し、
臨戦態勢……。
2回目とあって勝手が分かっているので、
同じ部屋の、初手術の戦友に濡れマスクと、のど飴を分けてあげる余裕まで
ありました。


努力が実ったのでしょうか。
手術後の辛い咳を上手くかわすことが出来ました。
咳は非常にくせ者で、術後のお腹にダメージを与えます。
それを上手くかわすことが出来ると、かなり嬉しくなります。
全身麻酔の際は、是非4点セットをおススメしたいです。
特にノドヌールは、神レベルに咳を封じ込めてくれました。


ところがどっこい!術後に、かわすのは、「咳」だけではありません。
やけに脅してくる「看護師さん」もかわさなければいけません。
夏に怖いお話をする事で有名な『稲川淳二さん』並みに、
恐ろしいコトを言ってくる看護師さんが大抵一人はいます。。
術後の患者がサボって寝ていないか目を光らせています。
その看護師さんに、少しでもサボりがバレてしまうと、
チョット脅しすぎだろうと思われる言葉を、負傷した我ら患者に
プレゼントしてくれます。。


その件は、     
     また次回にでも。。