ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

ドラゴンクエストのはなし2

大盗賊のお頭のカンダタさん。


特徴は「ビキニパンツ一丁にマスク、右手に斧を持った姿」です。
ゲームじゃ無ければ、お巡りさんに確実に捕まるお姿。。


ちょっと、変態気質のカンダタさんですが、残念ながら
なかなか会うことが出来ませんでした。
お会いするためには、洞窟とかに宝物的な物を取りに行ったり、
なんだか色々しないといけないそうです。。


近所をウロウロしていただけのツケが、回ってきたのでしょう。
これではいけない!と奮起し、果敢にチャレンジしました。
夜通しで戦ったりもしたので、勇者母には心配をかけてしまいました。
そして、ご近所を徘徊していた、しがない勇者から、
アクティブな勇者に生まれ変わったことにより、
カンダタさんとお会いすることが出来ました。


しかし、カンダタさん。
わたしが後を、しつこくついていったのがお気に召さなかったのか、
「しつこいやつらめ!やっつけてやる!」と小者臭のするセリフを吐かれ、
なぜか、カンダタさんと子分3体と戦う事になりました。


スライム効果で強くなりすぎてしまった為、あっという間に一味を成敗。。
倒すと「金の冠を返すから許してくれよ!な!な!」と命乞いをし、
カンダタさんらは退場。。


これで足を洗ったかと思いきや、しばらくストーリーが進むと、
カンダタさんらは、またまた登場。。
「また おまえらかっ!」と逃がしてやった恩を忘れ、
勇者のわたしに、憎まれ口を叩く始末。。


負けが決まると「やっぱり あんたにゃ かなわねえや……。」
といつもの小者口調に戻り、こちらのことなどお構いなしに去って行く。。


カンダタよ。
見掛け倒しにも程があるだろう。。
その旨を、隣の席の子に伝えました。


「お前がスライムで無駄に強くなり過ぎただけで、
 カンダタはそこそこ強いんだよ!
 一生この話は忘れないからな!」


隣の席の子、おっしゃっていた通り。。
久しぶりに会っても必ずこの話をします(笑)
なんだか、黒歴史扱いされて少々納得できない部分もあるけども。
みんなが、「そりゃ、ありえないわ~!」って楽しそうなら、
良しとしますか。。