ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

長女と次男のこと(日常)その6

ムスメが学校行事で、スキー実習に二泊三日で行っていました。
宿泊行事は、本当に有難いです。
家が格段に静かになります。
二泊三日と、けち臭い事を言わずに、一週間くらい行っても良いのになぁ。


わたしの心とは裏腹に、ひたすら姉の帰りを心待ちするのは次男坊。。
放課後デイで選べるお菓子も、ムスメが好きなものをチョイスし、
ムスメにあげるんだと、食べずに持って帰ってきました。


邪険に扱われる事も多いのに、どうしてムスメに尽すのかナゾ。。
ムスメの隠れた魅力は、次男が一番理解しているのかも知れない。。


ムスメが夕方帰ってきました。
次男は嬉しそうにムスメに纏わりつく。
ムスメは次男を適当にあしらって、スキーの話をわたしに、ぺちゃくちゃ話す。


一通り話終えると、次男を引き連れ二階に上がる。
楽しそうな笑い声が聞こえてくるので、覗いてみると、
ムスメの早口言葉の練習に付き合い、タイムを計ったり、
ムスメの練習風景を録画していたりしている、次男の姿が。。


それ…楽しいのか?


ムスメを叱っている時にも、必ず次男はムスメ側につく。
叱られたムスメは、憎まれ口を叩く。
「母ちゃんが入院していた時の方が静かで良かった。」
……。
確かにな(笑)父ちゃん、滅多に叱らないしね。
でもまぁムスメ、そりゃ、お互い様だよ。
あんたがスキーに行っている間は、こちらも静かだったよ。


わたしの攻撃に、応戦するように次男が言う。
「だいたい母ちゃん、絵が下手クソなくせに偉そう!」
……。
それは関係ないだろう。。


トンチンカンな憎まれ口しか叩かない、二人には笑うしかない。
なんで、叱る羽目になったのか、親が考えて改善するしかないんだな。
家族が楽しく暮らせるように。


「短気は損気」肝に銘じて、子育ていたしますかね。