ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

わたしのこと その5

私が小さい頃、『パーマンセット』というものが大流行りしていました。
藤子不二雄さんの名作の一つである、「パーマン」になれるという、
その当時憧れの、コスプレセットです。
大きな目玉が描かれたイケてる青いヘルメット。
防水加工付きの、マント。
Pの字がキュートなバッジ。
以上が、パーマンセットの中身だったと思います。


小さいころ、わたしは団地に住んでいました。
なので、パーマンになりきった子供たちがワイワイ遊んでいました。
隣に住む年子の兄弟は、パーマンセットはもちろん、別売りの
トランシーバーまで持っていまいた。
……。
いいなぁ。
本物のパーマンみたいだなぁと、羨ましくなりました。


みんなも持っているし、わたしも欲しいと母に言いました。
「もう少ししたら、安くなるから待ちな。」と言われました。
辛抱強く待っていましたが、買ってくれる気配はありません。


暫くすると、だんだん、子供同士の中では持っているのが当たり前、
なんで持っていないの?という雰囲気になってきました。


そろそろ限界かぁと観念した母が、重い腰を上げて
「パーマンセット」を買って来てくれました。
当時、父が入院したり色々と出費が重なり、パーマンセットを
買う余裕はなかったと、後に母は言っていました。。


そんな家計の状況を、子供のわたしは知りません。
嬉しくて嬉しくて、早速パーマンセットを装着し、意気揚々と外に出ました。
「パーマンごっこやる奴、集まれ~!!」のどっかの子供の掛け声に、
参加できる事が嬉しくて、ワクワクしていました。


そんな中一人の男の子が、わたしを見た瞬間、お前はニセパーマンだと
言い出しました。
確かにニセモノでした(笑)
わたしのパーマンセットは、明らかにパチモンでした。
みんなの様にヘルメットではありません。
キャップ帽に、可愛くない目玉のワッペンが雑にくっついていました。
マントはへにゃっとなってて、空は飛べそうにありません。
防水加工なんてモチロン付いていないので、わたしだけ確実に濡れます。
トレードマークのPのバッチも、クルンと丸まっていて、
残念感に拍車をかけていました。。
……。
ヘルメットじゃないからおかしいなぁと思っていたけど、
やっぱりニセモノだったのか。。
でも、パーマンっぽいから別にいいんじゃないかな。
わたしそんなに気になんないけど。。


そんな気持ちを汲み取ってくれた、隣に住む子が言いました。
「良かったね。
 買って貰ったんだ!
 これで今日からパーマンごっこ出来るね。」


隣に住む男の子のナイスフォローのお陰で、
見事にパーマンデビューを果たすことが出来ました。


大流行りだったパーマンセット。
これがのちに、大変な事態を招きます。


そのお話は次回にでも。。