ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

違う家に住む家族のこと(ちち)その4

自宅からわたしの実家は、歩いて15分くらいの距離にあります。
日中は忙しくてなかなか寄れませんが、夕方に母と父と買い物に行くのが
わたしの日課になっています。
特に買い物がなくても、お付き合いするようにしています。
ストレス溜まり気味の母の話し相手と、すぐにどこかに行きそうになる父を
それとなく監視、サポートしながら、母の買い物を手伝う感じです。
毎日会っているからか、父はわたしの名前を結構な確率で思い出すようで、
夕方になると、わたしを誘ってそろそろ買い物に行かないか?となるそうです。
父の死を意識する出来事があったからでしょうか。
夕方の少しの時間ですが、なんとなく『3人の子供の母親』から
『父と母のムスメに戻った』気がして
少し気恥かしい様な、懐かしい様な感覚になります。
父が生きてたから持てた時間。
           ありがたい。