ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

長男と長女のこと(中学)その4

ムスメの体育祭がいよいよ近づいてきました。
なんだか男装をしなきゃいけない競技にムスメは出るらしく、服装を悩んでいました。
長男の制服でも借りたら?とアドバイスをしたら、
ダサいから嫌だとお断りされました(笑)
毎日着ている長男には言えないなぁ。。


長男の学校の体育祭は無事に終わりました。
グラウンドが広いので、生徒たちは普段から遊び放題です。
よく先生方が、生徒たちの事を『野ザル』とか『野生児』と言っていますが
体育祭を観ていても、ごもっともって感じ。
着々とプログラムは進んでいきますが、応援している子もいれば、隣のグラウンドで
遊んでいる子もいるし、何故か木を登っている子もいるしめちゃくちゃ(笑)
でも、応援合戦ではみんな真面目に応援しているし、
リレーで走って戻ってきた子には労っていたりする。
要所要所はしっかりやり、あとはやりたいことを個人個人思う存分楽しむぜって感じ。
高校3年生が体育祭終了間際に、全校生徒と保護者の前で
先生を囲んで大声で感謝の気持ちを叫ぶのですが、それが実に面白い。
「ママ僕たちこんなに大きくなったよ~」の声には
高3のお母さんたちは大笑い。
最後に高3全員で「先生6年間サンキュー」と叫ぶと、
先生が
「サンキューじゃねえよ。
 こっちこそサンキューだよ!」
と、まっちゃんのCMの真似をしたので、笑いながら拍手が起きていました。
みんなでワ―っと集まって片手をあげてジャンプしながら「ウエイ!ウエイ!」
言うのが学校のスタイル。
高3も先生を囲みながらやっていました。
高3のお母さんが「うちの学年本当馬鹿だわ~」と言いながら嬉しそうなのが
印象的でした。
そんな高3ももうすぐ大学受験。
馬鹿をやっていても、半年後には東大生やら医大生になっているんだから
切り替えの早さが素晴らしい。
息子がただの野生児にならないことを祈るばかり。