ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

次男のこと(支援級)その1

次男の担任の先生は、絵に描いた様な「昭和の厄介めの女教師」って感じの
年配の先生です。
昭和顔の次男と先生のやり取りを見ていると、ノスタルジックな気分になれます。
そんな先生から、ランドセルにはお守りしか付けてはいけません!と、言われたそう。。
お友達はキャラクターのキーホルダーを付けていたりしますが、
次男はちょこんとお守り一つ…。
揺れるキーホルダーに憧れの目を向ける次男がなんだか不憫で、
「小さいキーホルダーくらい、付けても良いか聞いてあげるよ。」と言いました。
すると次男は「先生がね、キーホルダーは凶器になります。他所のお子さんに怪我をさせたら親御さんが泣きますよって言うんだよ」と。
……。
うぉぉっっ。
今どきそんなセリフを言っちゃう先生がいるのかぁ。
友達じゃなくて『他所のお子さん』って言っちゃうあたり、時代を感じる!!
厄介めな先生だけれど、意外と面白い。。
そんな中、少し悩んだ次男の答えが
「僕、オヤゴさんに会ったらさ、申し訳ないって思っちゃうからやめとくよ。」と。。
……。
おいおい、ちょっと待て!
オヤゴさんは、あなたの目の前にいるんですけども。。
……。。
う~ん。。
お守りも良いんだけどさぁ。。
先生…まずは、『オヤゴサン』の正体を教えてやって下さい…。