ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

気づけなくて、ごめんね。

中学に進級するにあたり、先日次男のWISKの検査をしてきました。
支援学級に移る為に、8歳の頃にやって以来でした。
途中で寝てしまうハプニングもあり、休憩を入れつつの検査でした。
本人的には「全力でやりきったから、悔いはないよ。」とのことでした。
検査をして下さった先生に、息子の検査の感じを聞いてみましたが、
物凄く困った顔で、「色々と課題がありますね。詳しい事は結果が出た時に。」
と、おっしゃっていました。


……。
こりゃあ、なんかの項目で引っかかってるなと母の感が働きました。


言語理解の項目だろうか。。人の話最後まで聞かないところあるし。。
それとも知覚推理か?目で見て理解し考えるとか、苦手だしな。
ワーキングメモリーなんて項目も、記憶力がすこぶる悪い次男は引っかかってそう。
処理速度の項目は、前回一番酷かったし、そうそう変わらない気がする。。
どれもこれも怪しいけど、まぁ仕方ないかと思っていました。


先日、次男坊のウィスクの結果が出ました。
なんかの項目で引っかかっているなというレベルではなく、
全ての項目が軒並み下がっていました。
IQ的には軽度の知的障害に入るレベルだそうです。


これには驚きました。
学年相応の勉強をし、学校のテストも受けていたので、
知的に障害があるとは思っていませんでした。
ただただ、持病の関係で他の子より時間がかかる。
この子はゆっくりタイプなんだと思っていました。
なんてこった!!今まで見当違いの勉強をさせていた。。


家に帰ったあと、次男に結果が出た事を話しました。
念のために、ふざけて受けてないか?全力を出し切ったか聞いてみました。


「全力か!って聞かれたら、力の加減とかが分からないから覚えてないけど。
 とりあえず問題はわけワカメ!(わけが分からない!)」


……。
そうか。。
わけワカメだったのか。。


なんだかごめん。
8才の時に、処理速度しか引っかかってなかったから油断してた。
さぞや今まで生きにくかっただろうな。
周りが何言ってるか分からない事も多かったよね。。
そんな話を次男坊にしてみたら、笑いながら次男が言いました。


「みんながさ、何言ってるのか分からないなぁと思うことはあったけどさ。
 僕別にさ、今までちっとも困ってないよ。 
 困ったら母ちゃんに言うからさ、心配しなくていいよ。」


そんな次男のコトバに救われて、ちょっと泣いてしまった、
次男12才の誕生日でした。