ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

時には口が回る次男坊。

次男は歴史が大の苦手です。
そもそも覚えようとする気持ちが著しく欠けていました。
興味が無いってことを体全体で表してくるので、相手をするこちらも一苦労。。
宿題で出される歴史なんて、サワリ位しかやらないのに、
彼の場合全く話になりません。


そんな最中、次男のWISKの結果が出ました。
彼の場合は、ワーキングメモリーの数値も低いです。
聞いた情報を保持し、操作するうちに混乱してしまうそう。
一度に長い指示は与えず、短い順を追って示す事が大事だそう。


ほい来た!そい来た!
こうなったら、腹をくくろうじゃないか。
とりあえず、有名な戦国武将だけでも、覚えてもらおう。
こうして次男坊との、天下分け目の戦いが始まりました。


「君に聞こう。
 戦国武将と聞いて思いつくのは誰?」


「う~んとね、あのね。
 誰だったっけかね?
 有名な人だったね。
 確かね、女の人でさ、卑弥呼って名前だったね。」


……。
そうきたか。。
卑弥呼か。
武将じゃね~な。。
こりゃぁ、そうとう重症だな。。
出だしから次男の、軽いジョブを受けることになったけれど、
めげずに言ってみた。


「聞きな!
 戦国武将は何人もいるんだけどね。
 信長、秀吉、家康は、中でも超有名なの。
 日本人なら誰でも知ってるんだよ!
 それなのに、聞かれた時にしりませ~んじゃ笑われちゃうよ。
 だからまずは三人覚えよう!いいね!」


すると次男坊は少し考えてから口を開きました。


「でもさ。
 たとえボクが覚えなくてもさ。
 みんなが知ってる事なら、誰かしら答えるんじゃないかな。
 そもそも、みんな知ってるならさ、わざわざボクに聞いてこないよ。」


……。
うぉぉっっ!
そりゃそうだ!!
確かにわざわざ次男に聞いてきやしないだろう。。
この戦、次男の勝ちだ。。
しかしだよ。戦国武将の中でも三英傑!!信長、秀吉、家康。
この三名を知らないのは有り得ないだろ。
せめて三英傑は、やっぱり覚えよう!


こうして、次男と三名の名を覚えるべく、彼らの偉業なんかも交えて
ひたすら毎日説明しました。
そしてある日、テストをしました。
三英傑の名前を書きなさい!!と書いたメモを渡しました。
出来たら教えてね!と伝え、わたしは家事に勤しみました。


出来た!!との声が聞こえないので様子を見に行くと、
次男はおらず、部屋はもぬけの殻でした。
既にムスメと違う部屋で遊んでいました。
ちゃんとやった形跡があったので、まぁいいか。
さすがに簡単すぎたかな~とメモを確認しました。
メモにはこう書いてありました。


「トミトミのヒデトミ。
 他のひとは、忘れました。
 困ったら誰かに教えてもらうね!!」


……。
トミがどんだけつくんだよ、秀吉さんよぉ。。
いや、ヒデトミだから、秀吉ですらないや。。
困ったら、聞くか。。
そうだね、大事なことだね。。


一歩づつ、一歩づつ歩いていこう。
そのうち覚えられるかも。。
二人の無邪気な笑い声が聞こえてくるので、
こちらも笑うしかない。
トミトミのヒデトミと書いた次男のテスト。
わたしの宝物がひとつ増えました☆