ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

次男のこと(てんかん)その1

次男は、5歳の12月にてんかん発作を起こし、救急車で運ばれました。
dnt(胚芽異形成神経上皮腫瘍)という良性の腫瘍が右頭頂葉の感覚野にあることが分かり、てんかんのコントロールが必要な為、現在薬を服用しています。
その副作用の影響か、授業中に寝てしまう事もしばしば…。お医者さんにも驚かれるくらい眠りが深いです。
以前頭に怪我をした時、医療用ホッチキスで止める処置が施されましたが、頭にバチンバ
チン止められているのに爆睡でした。
dntは、ここ2~30年に付けられた病名らしく、先生から症例もあまり聞かないし、情報もそんなに沢山はありません。
まさに手探りの状態にはなりますが、今の主治医の先生(5歳の4月に初受診)に、次男に病名をつけてもらい、合う薬を処方して頂いたので、一番辛かった痛みの症状が落ち着いています。
次男も長女と同様adhdっぽいところがあるので、今後の進路を色々模索中です。
 
睡魔と言えば長男の中学では、「あの先生に睡魔を召喚された」と一言周りに伝えてから寝るのが礼儀とか。男子校って面白い(笑)