ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

長男のこと(2016中学受験)その3

お知らせが遅れましたが、
わたしは長男の入試一週間前に、転んで靭帯を損傷してしまいました。
力士なら出場停止、とても相撲を取れる状態ではありません。
……。
しかし、残念ながらわたしは力士ではないので、
長男の付き添いには行かなくてはならない。。
そんな中、2月2日を迎えることになりました。


A校の行きは頑張りましたが、帰りは夫に迎えに来てもらいました。
本命校はやたらと駅から歩くので、はなから歩きはナシ。
自宅から車で30分という場所にあったため、またしても夫に送ってもらいました。


学校に到着すると、昨日と同じように塾の応援の先生が待っています。
塾名の入った旗もたくさん立っています。


息子の塾の応援の先生の中に、校舎長がいました。
他校の応援に行っていると思ったので、嬉しい誤算。
校舎長は常に冷静で、物事を達観してみることが出来る方でした。
そんな校舎長が激励の握手をするとき、力強く手を握り
息子に対して何度も同じ言葉を言ったそうです。
その言葉は、テスト中に効いてくることになります。


先生との握手も終わり、息子が戻ってきました。
何も言わない長男。
さすがに緊張しているようです。


「楽しんでおいで!」
いつもの言葉を長男に言いました。


その時、
ほんの一瞬でしたが、息子がわたしにギュっと抱き着いてきました。
そして、振り絞る声で言いました。


「行ってくる!」


よく聞く話ではあるけれど、受験会場である校舎に入っていく子供の姿。
本当に頼もしいです。
こんなに大きくなったのかと、小学校の卒業式より、わたしは成長を感じました。


暫くして試験も終わり、ゾロゾロと受験生が出てきました。
息子もその波の中、戻ってきました。
わたしを見つけて、緊張が解けたのか、
ホッとしたようないつもの息子の顔。
息子が嬉しそうに言いました。


    「今までのテストの中で一番楽しかったよ!」


そうか。
それなら良かった。。


息子の言葉だけで充分な気がした、
本命校のテストが終わりました。


つづく。。