ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

とんがりおじさんの話

姑さんの弟は、宮崎で一人暮らしをしています。
愉快な姑さんと違って、ちょっと近寄りがたいタイプのおじさん。
わたしは心の中で、『とんがりおじさん』と呼んでいます。
そんなとんがりおじさんと、毎日メールでご挨拶をすることになりました。
おじさんからの申し入れで、生存確認の意味合いも含めて夫の姉妹は、
毎日挨拶という形でおじさんと、やり取りをしているそうです。
そこに仲間入りをすることになりました。
……。
出来れば、そっとしておきたかった領域。。
足を踏み入れることになろうとは、全く想像しておりませんでした。
今まであまり関わり合いがなかった、とんがりおじさんですが、
蓋を開けてみたら凄いマメな方でした。
毎日何かしらの写真を送ってくれます。
ご近所の様子や、昔話など事細かに教えてくれます。
気が付くと、とんがりおじさんの日常に物凄く詳しくなっていました。
……。
分かち合いたい。。
あまりにも詳しくなったおじさんの日常を話したくてたまらなくなりました。
夫に話してみました。
今日のおじさんは、こんな感じだったらしいよと。。
夫、三日で飽きました。
「おじさんの日常に全く興味がない」という捨てゼリフ付きで。
仕方がないので毎日のように会う、母に話しました。
さほど興味が無さそうな母でしたが、会うたびに聞かされるので、
いつのまにやらおじさんの日常が、わたしたち親子の日常会話に出てくるように。。
「アンタの結婚式くらいにしか会ったことないのにさ。
 おじさんの話を聞きすぎて、宮崎の今日の天気はどうかな?とか
 なんとなく気にするようになっちゃったじゃない。。」
……。
習慣ってスゴイよね。
母にとっては他人同然のとんがりおじさんのコトを気にするようになるんだから。
さて、今日のおじさん情報は、なんじゃらほい!