ひもそ日記

中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。

次男のこと(日常)その10

我が家の次男坊は、小学6年生です。
生まれつき脳に腫瘍があるため、てんかん発作があります。
彼の場合少し特殊で、痛みからの入眠、幻覚などの症状があります。
上の子二人が受験をしたので、次男坊の進路は、中学受験を考えていました。
だけど、サクッと諦めることにしました。


理由として二つ大きな問題が出てきました。
一つ目は、てんかんの発作が頻繁に出てくるようになったこと。
幻覚の症状が激しくて、彼にしか見えない何かを手で払っている事が増えたこと。。


もう一つは、同級生とコミュニケーションを取ることの難しさ。
次男は幼い子なのでに、周りの会話に全くついていけないようです。
そんな中、手で何かを追い払ったり、沢山の人が一気に話すと耳を塞いでしまうので、
お友達からは、「なんだよ。あいつ」って感じなようです。


外見でわかる障害ではないので、次男の同級生に息子を理解してもらうのは
無理な話だと思います。
それは、公立だろうが私立だろうが同じことなのかもしれません。


さて、どうしたものか。
とりあえず、公立中学校の支援学級の見学に行くことにしました。
修学旅行の振り替えで、次男もお休みなので、一緒に参加。
そこで、色々厄介な出来事が。。


次回につづく。。